ローテーブルとは


ローテーブル.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

 
ローテーブルとは

ローテーブルとは
ローテーブルとは、リビングや応接室などのお部屋の中央(センター)に置かれる低いテーブルです。ソファーや座椅子などとセットで使われます。高さは、30センチ〜45センチくらいで、和式の座卓よりも少し高めです。ローテーブルとも呼ばれます。


ローテーブルの形
ローテーブルの天板の形は、四角や正円、楕円などがあります。


ローテーブルの配置
ローテーブルは部屋の真ん中に置き、周りには、ソファーや座椅子のほか、ひじ掛け椅子やハイバックチェアー、ロッキングチェアー、リクライニングチェアーなどを配置するのが一般的です。ローテーブルの天板や棚には、カップや雑誌、テレビのリモコン、飾り用の小物などが置かれます。


ローテーブルの歴史
ローテーブルが本格的に普及し始めたのは、17世紀後半頃のことです。それまではテーブルといえば、食事用の大きなダイニングテーブルが中心でしたが、生活様式の多様化によって、ヨーロッパなどでティータイムを楽しむためのローテーブルやサイドテーブルが愛用されるようになりました。


日本におけるローテーブル
日本でローテーブルが本格的に使用されるようになったのは、戦後、欧米式の住宅が主流になってからです。洋式の居間でテレビなどを楽しむ家庭が増え、ソファーとともにローテーブルが普及しました。現在、リビングの「4点セット」といえば、ソファーとローテーブル、それに2つのアームチェアを指す場合が多いです。また、日本では、床座スタイルでローテーブルを利用する人も少なくありません。


ローテーブルの役割
ローテーブルには、くつろぎや接客のための空間を演出するという役割があります。ソファーに座って雑誌を読んだり、テレビや音楽を聴いたりするのに使われるほか、お茶を飲みながら団らんを楽しむようなシーンでも活躍します。


インテリアとしてのローテーブル
ローテーブルは、リビングなどの中央に置かれるため、空間の雰囲気を大きく左右します。現在の一般的な住宅では、リビングと客間を兼ねた場合が多いので、ローテーブルは、外から来た客人の目につきやすい家具です。このため、ローテーブルのスタイルやテイストは、インテリアを考えるうえでたいへん重要になります。また、ローテーブルにお洒落な雑誌や小物を飾れば、部屋を上手にコーディネートすることができます。



関連コンテンツ

ローテーブルとは

当店の特徴

ローテーブルの選び方

種類

材質







ローテーブル.com トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ


Copyright (C) ローテーブル.com. All Rights Reserved.