ローテーブルの選び方


ローテーブル.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ >

ローテーブルの選び方




 
選び方のポイント その1…天板の形

〜長方形、正方形、丸型、楕円など形はいろいろ

四角だとスッキリ
天板の形は、ローテーブル選びの大きなポイント。最も一般的な天板の形は、四角です。長方形や正方形の天板の良さは、部屋の空間を有効に使うことができること。ソファーや壁と平行にローテーブルを並べることで、無駄なくスペースを使えます。ソファーのサイズにぴったりのローテーブルを選べば、ソファーのどの位置に座っても手が届きやすく、使い勝手も良くなります。

天板のなめらかな曲線がおしゃれな天然木化粧繊維板&スチール製のローテーブル


ラウンドテーブル
円形のローテーブル(ラウンドテーブル)は、場の雰囲気をやわらげたり、空間を軽快にしたりする効果があります。座る人数が増えても、テーブルの周りで人が動くときに角が邪魔をしません。卵の形をしたエッグ型などの変形したラウンドテーブルなら、形のもつ柔らかさが空間の雰囲気に加わり、個性的なインテリアをつくれます。


長方形でも角が丸いと安心
小さい子供のいる家庭だと、四角いテーブルの角に体をぶつけるのが心配です。でも、角が丸くなっているローテーブルなら安心です。子供のお友達を招いて、一緒にお絵かきしたり、おやつを食べたりするときにも便利です。


 
選び方のポイント その2…天板の高さ

〜高さ35〜45センチが中心

ソファーのシートよりも5センチ高いと便利?
ローテーブルの高さは、商品によってまちまちですが、35から45センチが中心です。ソファーのシート(座面)よりも天板が5センチ程度高いテーブルが使いやすいといわれています。ただ、個人の好みや体型などによって使いやすさも異なりますので、どのくらいの高さがいいか、じっくり考えましょう。

ローテーブル
高さが30センチ以下のテーブルなら、床に座りながら使うのにも便利。子供たちが床に座ってジュースを飲んだり、大人がソファーを背もたれにして床に座りながらテレビを見るなら、30センチ以下のローテーブルがくつろぎやすいです。

高めなら多用途に
高さが50センチ以上あれば、リビングのローテーブル以外にいろいろな用途で使えます。寝室でベッドのサイドテーブルとしても使えますし、書斎や勉強部屋のサブテーブルにもなります。キッチンで家計簿をつけたりするための簡単な作業テーブルとしても重宝します。


 
選び方のポイント その3…脚

〜脚の強さや形、安定性をチェック

脚の形態と強度
ローテーブルの脚は天板を支える十分な強度がなくてはならないのはもちろん、卓上での作業や、のせるモノの重量にも耐える強さが求められます。脚の強さをしっかりチェックしましょう。

アジャスターで安定度アップ
テーブルは床に置いてガタガタしないことが大切。脚の先端にアジャスターがついていれば、床の凹凸にあわせて脚の長さが調節できるので、ガタツキを防ぐことができます。また、先端がゴム製だと、大事な床が傷つかないので助かります。

猫脚ならおしゃれ
ローテーブルの脚には、さまざまなデザインがあり、部屋の雰囲気にも影響を与えます。猫の足のような形をした「猫脚」のデザインなら、アンティークなたたずまいでおしゃれなイメージになります。


 
選び方のポイント その4…天板の質感

〜部屋の雰囲気にあった素材選び

インテリアに大きく影響
ローテーブルの素材や色には、部屋全体の空間の雰囲気をまとめたり、支配したりする力があります。天板は木製が多いですが、ガラスやラタン(籐)、アルミ、大理石なども広く使われています。「クール」「温かい」「柔らかい」「ツルツル」など、素材や塗装によって表情はさまざま。空間とのコーディネートを意識して選びましょう。

それぞれの素材に特徴が
木製ローテーブルは、堅く濃い木目だと高級感があり、明るめだとナチュラルで穏やかな雰囲気が漂います。ガラスのローテーブルは、部屋にシャープさやクールさをもたらします。大理石なら、空間を格調高くまとめてくれます。また、白いメラミン化粧板のダイニングテーブルなら、実用性が高く、カジュアルな空間をつくりやすいです。

食器類の音にも注意
天板は、表面に十分な硬さがあり、長持ちするのが望ましいです。表面の強度、そして、コーヒーカップなどの食器類をぶつけたり、ひきずったりしたときの音や感触などについても考慮するといいでしょう。


 
選び方のポイント その5…耐荷重

〜重さに耐えられる天板

厚い強化ガラスなら安心
ローテーブルは、どのくらいの重さに耐えられるかということも、たいへん重要なポイント。天板に載せられる重さを「耐荷重」といいますが、とくにガラスのローテーブルの場合、耐荷重が重要になります。厚みのある強化ガラスなら、耐荷重もぐんとアップします。

天板の下に棚板を持つ、おしゃれなガラステーブル



ローテーブルの種類 >>


ローテーブルの選び方 メニュー

選び方

種類

材質



関連コンテンツ

ローテーブルとは

当店の特徴






ローテーブル.com トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問

会社概要サイトマップショップ一覧特定商取引法の表記お問い合わせ


Copyright (C) ローテーブル.com. All Rights Reserved.